ヴィトックスαでペニスを増大させたい男性を始め、お酒が大好きでよく飲む人、二日酔いになる人、身体が疲れたなと感じたりイライラする人に効果的な「ブドウ糖」について説明したいと思います。

ヴィトックスαの成分「ブドウ糖」とは

ヴィトックスαの成分でさるブドウ糖とは脳や筋肉を動かす上で必要不可欠なエネルギーで、砂糖より甘味は少ないですが、カロリーは砂糖と同じぐらいです。

ヴィトックスα以外にも様々な食品に含まれていて、果物のぶどうだけでなく米やパン、イモなど幅広く含まれています。

ブドウ糖の素晴らしい所はすぐ栄養となってくれる所です。通常では米などの炭水化物を摂取すると、まず小腸で細かく分解され、これ以上分解できなくなってはじめてエネルギー源となりますが、ブドウ糖は初めからこれ以上分解できない単糖類のためすぐに吸収されるのです。つまりすぐにに栄養が欲しい時にとても適している栄養素といえます。

普段生活をしている上で集中力がなくなったり、仕事がはかどらなくてイライラしたり勉強が進まなかったりすることがありませんか?それはブドウ糖が不足することで脳が正常にエネルギーを作らなくなり思考力が低下することで起きているのです。頭がぼーっとした時はブドウ糖を摂取してみるといいと思います。

あとよく二日酔いになる人ですが、体内のアルコールを分解するのに必要なのもブドウ糖です。不足することで上手く分解出来ずに二日酔いになるわけです。

これから暑くなってきますが、熱中症予防にもブドウ糖は効果的です。よく、熱中症対策に塩分といいますが、ブドウ糖と塩分が交わることで吸収が早くなり、熱中症対策に繋がるのです。熱中症予防にもなり運動時の体力の維持に効果的なブドウ糖は外でスポーツする人などには最適といえます。摂取して20分ほどで栄養として吸収されますので運動する30分前に摂取するといいでしょう。

過剰摂取は身体に悪影響

ここまで聞くとブドウ糖をいっぱい摂ろうとしがちですがだからといって過剰摂取してしまうと逆に身体に悪くもあります。ブドウ糖は摂取量が少なくとも100gとされています。これを摂りすぎると血糖値があがりインシュリンが分泌されることでかえって眠くなるなど集中力の低下に繋がります。摂りすぎても摂らなさすぎても身体に悪影響なのでしっかり考えて摂取することが大事です。

糖尿病の方、肥満の方も悪影響ですので控えてください。

基本的に1日3食しっかり栄養を考えた食事をしていたらブドウ糖が不足することはないそうです。
ブドウ糖は吸収も早いですが持続力も短いと言われています。食事を3回に分けるのもこういうことが関係しているのかもしれません。

特に朝起きた時は頭の動きが鈍く、脳のオンオフに必要なので朝しっかり食べることが大事といえます。
ブドウ糖はうどんに多く含まれていて、うどんは消化も早いため、朝にうどんを食べるのもいいかもしれません。

以上のことから無理なダイエットや食事制限はエネルギー不足や栄養の偏りがでてしまうので身体に禁物ということです。特に米などの炭水化物はダイエット時に1番抜きがちな栄養なので、しっかり食べて充実した毎日を送れるようにしましょう。